今を生きる私たちはストレス社会に生きていると言われています

近年 精神疾患やちょっとした慢性的な身体の不調を訴える方が増えています

  

その原因は様々で 多様化する社会の動き 人間関係金銭的なもの食生活の変化

特定することは難しいですが「病院にいくほどではないけど何となくすっきりしない、

体がだるくしいどい」っていう症状が多いです

 

病気になって本当に辛くなればお医者様の治療を受けなくてはなりませんが

なんとなくの時はストレスをため込まないようメンタルケアをしていくことは

とても大切です

  

 そしてもうひとつ 今の時代は昔と違って社会が多様化しています

 女性が選ぶ職種も結婚の形も今は自由です

 それゆえに自分がどうしたいか どうありたいか

 悩んでしまうことも多くあります

 こうした社会のなか「自分が自分らしく生きるためにはどうしたらいいか」の

 答えを求める人が増えました

 こうした一人では難しい心の整理をセラピーを受けることにより

 セラピストと一緒に進めていくことができます

 

 

 セラピーは生活の中に取り入れられるものが沢山あるので

 自分に合ったセラピーを日々の生活に

 取り入れ心と体のケアをしていくことはとても大切です

 

 

 セラピーとは薬や外科手術を用いない治療・療法のことを意味します

 セラピーでは何らかの方法で心や体に働きかけ人が生まれながらに持つ

 自然治癒力を促し好転させていくことが目的です

 

 セラピーの種類はたくさんあります

 

 ぜひご自身にあったストレス解消法をみつけて

 こころをふって楽にするスキルやテクニックを日常的に

 使えるようになっていただけたらなとおもいます

 

 私は今二つのセラピーをしています

 ひとつは土に触れ、その土で育つ植物の持つ

 生命エネルギーから元気になれる「気」をもらうセラピー(畑セラピー)

 もう一つは大地から生まれた花々の恵みアロマを

 心(脳)の栄養とし 日々のストレスを解消しながら

 自分自身と向き合い望む未来を描き実現する力を身につける

 セラピーです(夢を叶えるアロ魔術®アロマヒーリング)

実はわたしはそのメンタルケアがうまくできなかったため5年間

 鬱病とむきあった経験があります

 最近その頃の医療ノートを見直す機会があったのですが

 肩こり、腰痛、胃の痛みなどなど 今思えばストレスが原因と

 はっきりわかるものがずらっと記録されてました

 体にはっきり症状がでていたのにもかかわらず

 心のケアができてなかったんですね

 というより心のケアということをあまり知らなかった

 ストレス解消って言葉は口にしてましたけど本当の意味での

 ストレスへの向き合い方を知らなかったと言えます

 花粉症と一緒で貯め込みすぎたストレスが自分の心の

 プールからあふれ出て自分ではどうしようもなくなって

 もうお医者様のお世話になるしかない状態になりました

 鬱は本当に辛いし怖いです 

 自身も自分で自分の命を終わらせてしまいそうになったことも

 あります

 先の見えない毎日 妻としても母親としても

 何もできない自分を責め続け

 本当に消えてしまいたいってあの頃は思っていました

 主人や子供達にどれ程辛いおもいをさせてきたかと思うと

​ 今も本当に心がいたみます

 

 病気未満の時に 悪化するのを予防したり、

 ストレスを溜めすぎないようにメンタルケアをしていくこと

 とっても大切です